ダイエットを本気で成功させる

「どうしても痩せたい」 「こんどこそ、本気痩せる」太ってきたと自覚して本気でダイエットをしようと決意した時にTVや雑誌、ネットで簡単に痩せる方法などが紹介されていて、ついつい簡単で楽して痩せれるという謳い文句のダイエット方法に飛びついてみても、結果はやはり痩せることは出来ないという結果に!!

 

ダイェット器具や、ダイエット食品、ダイエットドリンクなど多々ありますが、私はダイエットのサプリメントと最近話題の糖質制限ダイエットに焦点を当ててダイエット方法の実践を行っています。

 

 

糖質制限ダイエットとはどのようなものか?

 

糖質制限とは糖質制限とは、主に糖質になる元の炭水化物を取らない方法が一般的なようです。

 

糖質制限とは実際にはどのようなことか調べてみると、もともとは糖尿病の食事療法として取り入れられた方法です。

 

糖尿病の食事治療としてはローカーボダイエット、低糖質ダイエットなどの呼び方で行われていたので、どこかで一度は聞いたことがあるようなことではないかと思います。

 

私は親戚に糖尿病治療をしているおじがいたので、そちらの人にあった時に聞いたことがあるような気がしました。

 

女性で他人から見て特に太っているように見えない標準体型の人や若い人などは糖質制限をする必要のない、常にダイエットしたい症候群のような気がします。

 

糖質制限ダイエットは太っている人や、体質改善を目的としたダイエット方法であり、メタボリックシンドロームや糖尿病の方以外でもお腹周りが気になりだした中年やスリムになりたい女性、そして筋肉の衰えてきた年配の人まで糖質制限ダイエットは取り入れることができると思います。

 

 

炭水化物ダイエットと糖質制限の違いは何?

 

私は糖質制限ダイエット=炭水化物抜きダイエットは同じ定義で同義語のイメージでした。ところが調べてみると炭水化物は糖質と食物繊維の合計が炭水化物ということであり、炭水化物から食物繊維を除いたものが糖質となることがわかりました。

 

そして、糖質は糖類と糖類以外に分類されて糖類は単糖類と二糖類に分類されています。

 

つまり糖質制限ダイエットとは糖質のみを制限してダイエットをすることであり、食物繊維は意識して積極的に摂取していかないといけません。

 

 

糖質制限をするとやせることができる仕組み

 

糖質を体内に取ると血液中のブドウ糖濃度が高まります。わかり易い言葉だと血糖値が上がると言いますね。

 

この血糖値の上昇することにより膵臓からインスリンが分泌されて筋肉や肝臓にブドウ糖をグリコーゲンとして蓄えられます。

 

(グリコーゲンとは肝臓に貯蔵されて筋肉ではエネルギー源として働く物質)

 

そのグリコーゲンが筋肉に行きエネルギーとして消費されて私達の体を動かしてくれているわけですが、その消費量が肝臓から送られてきたグリコーゲンが使い切れなくなった時に、ブドウ糖はすべて中性脂肪に変わってしまい、体に蓄えられてしまいます。

 

 

つまり、糖質制限をすることにより痩せることができる、脂肪が減るという仕組みは糖質制限をすることで、インスリンの分泌が抑えられて中性脂肪として体内に貯蓄されにくくなっていきます。結果的に糖質を制限すると体を動かすために必要な糖エネルギーの代わりに、自分の体にある中性脂肪を燃焼させることでエネルギーを作るという仕組みになります。

 

つまり、私も糖質制限をすると足りない当エネルギーの代わりに顎やお腹周りにある脂肪を燃やしてエネルギーを作るという形になり、脂肪も減っていき、体重も減って健康的になっていくということだと思います

 

(この仕組を理解すると糖質制限を続けることにより中性脂肪が分解しやすい体になり、中性脂肪がつきにくい体になることができる)

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク