20代のダイエット方法

20代になると10代の時に比べるといくらか基礎代謝も落ちてくるので、10代の時のように痩せられないと感じ始める年齢です。

 

それでも基礎代謝はまだ高めですので、「普段の食生活を変えればすぐに痩せれる」と考えて、食事を抜いたり、○○○ダイエットみたいに、一つの食品だけを食べて痩せたりしようとする体に悪い無理なダイエット方法を考えたりしている人も多いようです。

 

無理な食事制限や食事抜きなどはストレスが増えてしまい、そのストレスが体に影響を与えて、女性は特に便秘などに悩まされるような影響が出たりします。

 

20代は10代の時の生活延長線上にまだあり、基礎代謝がまだ高い世代です。

 

例えば大学に進学して一人暮らしを始めたり、就職して今までの食生活とは違う食事や食事量を繰り返したり、生活スタイルの変化が多い年代だと思われますね。

 

例えば飲み会が続いたりして暴飲暴食を繰り返したり、夜更かしなどをして寝不足になったり、ほか仕事などのストレスなども体にいろいろな負担をかけていることになります。

 

 

それらの影響が今までの食生活で自分の代謝が低下していくと、摂取カロリーを消化できなくなり、それらがやがて体脂肪を体に蓄えていくことになります。

 

 

20代で太る原因は食生活の乱れなどが多く、女性の多くは便秘などの腸内環境の乱れなどの生活の環境の乱れが影響していることが多いようです。

 

 

腸内環境の乱れは老廃物が体内に滞り、もともと自分のが持っていた基礎代謝が低下してしまい、それが体脂肪を貯めてしまう原因となってしまいます。

 

 

女性は何歳でも同姓と男性の自分の体形についての視線を気にすると思いますが、特に20代は将来の結婚や交際相手についてのことをことさら強く意識する年代だと思いますので、ダイエットとについて特に意識や考え方が強いと思います。

 

ただし、意外と太っていない人でもダイエットについて関心があり、今以上に痩せたいと思っていたり、自分の体形についてコンプレックスを持っていたりしていると思います。

 

見た目は特に肥満に見えないのに過度なダイエットは禁物ですし、男性から見てもがりがりに痩せた女性よりはある程度ついている部分にはふっくらとした女性特有の体形に男性は魅力を感じているようですね。

 

 

実際に難しいとは思いますが、健康的にダイエットは行いましょう。過度な食事抜きや極端な偏ったものだけの摂取ダイエットや後々リバウンドしたり、ストレスや健康不調から体調を悪くしたりしてしまいます。

 

 

スポンサーリンク