糖質制限に失敗しないための方法

私はラーメンやパスタ、お寿司など炭水化物が大好きな食事を今まで摂ってきました。

 

その為、糖質制限ダイエットの効果は実践すれば自分の体に劇的に変化をもたらしてくれるという感覚があり、実践を使用と決意しましたが、失敗しそうな可能性として、炭水化物の主食のカットです。

 

それらが食べれない場合の主食の代用品をどうするか?

 

継続していく上でのポイントはそこではないかと思いました。

 

豆腐、おから、納豆などの大豆食品を中心に取るという方法もありますが、他に糖質ゼロ麺やブランパンという炭水化物の主食の代用品として腹持ちもよくボリュームもある食品もあります。

 

特にブランパンは基本的に普通のパンなので主食を抜いて我慢をするということではありません。

 

成分は小麦と米の外皮=ブランを使用したパンで、1個当たり糖質2.2gと他のパンやご飯と比較してもかなり少なめ。
コレはロールパン1個の平均糖質量である14gや、おにぎり1個あたり30gと比較してみても、大幅に低い糖質の量となっているのでこのブランパンなら糖質制限ダイエットのときでもtべることができるでしょう。
店舗によりないところもあるかもしれませんが、コンビニのローソンでも売っています。
ブランパンは糖質制限ダイエットをしている人のご飯、パンなどの主食になる代用品です。

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

簡単なようで意外と難しい糖質制限ダイエットの方法

糖質制限を失敗しないための方法

 

肉、魚、卵、大豆製品、他チーズなどでタンパク質をしっかり取る。
タンパク質は体の筋肉を維持するために必要です。
極端なダイエットをすると一日の摂取エネルギーが足りない状態になり、基礎代謝を下回ると、体内のタンパク質でも補うことができなくなると、使っていない筋肉をアミノ酸に換えて糖を作るようになります。
筋肉が減るということは脂肪を燃やす体の能力が落ちるという事になります。
運動をしても筋肉が減っているので運動量が減っているので、消費カロリーが減っているので、燃えにくい体になる。
食べていないのに基礎代謝が落ちているので痩せない体になる。
基礎代謝を下回らない食事量を確保して筋肉が減らないようにするためにタンパク質は積極的に取りましょう。

 

 

 

糖質制限中に炭水化物の主食(ご飯、麺類、パン類)などが欲しくなったら、代用品として糖質ゼロ麺、ブランパンなどを主食として代用する。
主食の置き換え方法として炭水化物の入った小麦粉麺を糖質ゼロ麺に置き換えると糖尿病の治療や生活習慣病の予防などにも効果的。
糖質ゼロ麺は複数のメーカーから発売されているようですが、主におからパウダー、こんにゃく粉、アルギン酸Na(海藻由来)などから出来ている。
こんにゃく麺のようなこんにゃくのにおいやおからの匂いはしないので食べやすい。
ブランパンは最近、コンビニなどでも販売されているので、主食の代用品としても手に入れやすく低糖質なので糖質制限ダイエットの時の主食の代用品として注目されています。
ブランパンは小麦の外皮の粉を使って作られたパンです。
小麦粉は外皮、胚乳、胚芽となっていて、外皮は全体の15%を占め、食物繊維とビタミン、ミネラルが豊富。
胚乳は全体の83%を占め、デンプンとタンパク質が中心。
胚芽は全体の2%を占めタンパク質とデンプン、ビタミンが中心。
スーパーなどで販売されていて見かける全粒粉パンは胚乳、外皮、胚芽すべてを粉にして全粒粉で作ったパンのことです。
外皮や胚芽が含まれる為に栄養価は高いですが、胚乳が多いために低糖質ではありません。

 

 

春雨、じゃがいもなどのデンプン製品、食品はNG
糖質制限のダイエット方法は砂糖などのような甘い食べ物のイメージが糖質と思っている人もいるようですが、甘く感じない糖質も普段食べている食品、飲料にたくさんあり、米や小麦等の穀類やイモ類に多いデンプンも糖になりますね。
せんべいやおかきはコメが原料ですからデンプンが入っていますし、スナック菓子類の殆どは小麦やとうもろこし、じゃがいもなどのデンプンが多い食べ物になります。
普段の食事で甘いものとデンプンが主な糖質源となっているということですが、糖質制限ダイエットでも主食の炭水化物を食べない、取らない方法となっているのですが、炭水化物は消化、吸収されずに腸まで届く食物繊維も含まれています。
その食物繊維を覗いたものが糖質です。
私もそのへんは誤解をしていましたが、炭水化物のとりすぎが太る原因ではなく、その中に含まれている糖質のとりすぎ=太るということだと思います。

 

 

 

牛乳、野菜ジュースなどはNG,無糖(ブラック)コーヒーやお茶、水、無調整豆乳などはOK
野菜ジュースなどは糖質が多いものも多く、砂糖を入れているものもありますので、糖質制限時には飲んでは行けません。
牛乳は砂糖は入っていませんが乳糖が入っているのでどちらかと言うと控えるべき飲み物です。
糖質制限中の牛乳の代わりとなる飲み物は植物由来からつくられた無調整の豆乳は糖質制限中にはおすすめの飲み物です。
豆乳の中の糖質も100g当りに3gと牛乳よりもかなり少なく、食物繊維も含まれているので、ダイエット中に最適な飲み物となります。

 

糖質制限ダイエット中には牛乳は飲んでもいいですが、少量にしておいたほうが無難で、その代用飲料としては無調整の豆乳がおすすめです。

 

 

野菜、海藻、きのこ類は積極的に食べる

 

オリーブ油、魚油から良質な脂質をきちんと取る

 

お酒を飲みたい場合には焼酎、ウイスキー等の蒸留酒はOK,ビール、日本酒、ワイン(甘口)はNG

 

口さみしいときや小腹がすいて何か間食をしたいときには少量のチーズやナッツがおすすめです。

 

調味料はマヨネーズ、バターは適量OK,砂糖、みりん、ソース、ケチャップなどはNG

 

 

 

 

PR