一日に必要な糖質の最低量は100g?

糖質制限ダイエットはゆるい糖質制限ダイエットだとしても実行をすれば、痩せることができると思いますが、体に必要な糖質量というものがどのくらいなのかを糖質制限ダイエットを行う前にきちんと理解と把握をしておくべきだと思います。

 

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」(2015年度版)の報告量によると、基準となる一日の炭水化物の必要量は、総エネルギーの摂取量の約50〜60%とされています。

 

炭水化物は糖質の他に食物繊維も含まれていますので、糖質制限ダイエットの場合、「炭水化物自体を抜く」=糖質制限となると思いますが、その場合には食物繊維が不足するので、野菜や海草類などの他の食物繊維を積極的に摂取する形になります。

 

そしてその炭水化物の糖質以外の食物繊維はカロリーが極めて低いために、炭水化物の摂取量は糖質として考えても同等であるといえると思います。

 

一日に必要な糖質摂取量は男女年齢で異なっています。

 

 

必要なエネルギー量タンパク質や脂質から取れる量=糖質で取る量(260g/日)
30〜40代女性のデスクワーク中心の人の場合での計算値

 

必要最低量は100g
例えば30〜40代女性のデスクワーク中心の人の場合は一日に必要なエネルギーは約1750kcal程度が必要となります。その6割を糖質から取るとしたら、1750kcal×0.6=1050kcal分となります。
主なエネルギー源となる糖質(主に糖類、デンプン)1gは4kcal相当のエネルギーに変わるので1050kcal÷4kcal=263g

 

これによると一日に260g位の糖質が必要となる計算です。

 

 

上記の計算方法の場合は総エネルギー確保のために必要な量であり、それをかならず、糖質で摂取しないとだめというわけではありません。

 

通常はぶどう糖しかエネルギーとして利用していない脳や神経組織、そして赤血球や腎尿細管や精巣など酸素不足の骨格筋などのために必要な量として、日本人の食事摂取基準では、1日の必要最低量はおよそ100gと推定してるようですね。

 

とはいえ、この100gも必ず必要というわけではないようですので、目安として考えておいたらいいと思います。

 

そして上記の糖質量の部分は炭水化物の必要量を糖質として表現しています。炭水化物の構成は糖質と食物繊維であり、食物繊維はほとんどカロリーが無いので炭水化物の摂取量=糖質量として置き換えて書いています。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
PR