あなたの糖質制限ダイエットはココが間違っている

糖質制限ダイエットを失敗しないためには?

 

 

TVや雑誌などでも数々、紹介や載せられてきたダイエット方法として糖質制限ダイエット、糖質オフダイエットとして紹介されてきたので、以前に実践した人や、現在も実践中の人も多いと思います。

 

確かに、糖質制限をして痩せることが出来た。でも、「結局その後にリバウンドした」という人も多いのも事実ですね。
芸能人がTVCMなどで2ヶ月で○○kg痩せた。などは極端な糖質制限ダイエット方法の結果であり、一般の人が実際に糖質制限ダイエットを行う場合に、完全オフな糖質制限ではなく、ゆるい糖質制限ダイエット方法がおすすめです。
完全オフの糖質制限ダイエット方法だとストレスが溜まり、炭水化物が欲しくなり、糖質制限ダイエットを失敗してしまいがちですが、ゆるい糖質制限ダイエット方法だと短期間で大きなダイエット結果は出づらいですが、失敗することも少ないのでその方法がお勧めだと思います。

 

その前になぜ、糖質制限をするとやせることができるのか?まずはその仕組について理解しましょう。

 

太る原因は脂質ではなく、糖質だった

 

禁煙、人気のダイエット方法といえば「糖質制限ダイエット」が大人気です。
他にも違う名称方法で「低炭水化物ダイエット」方法や「ローカーボダイエット」などとも呼ばれたりもしていて、ここ4〜5年くらいに数多くのメディアに取り上げられて来たので多くの人が詳しい方法などは知らなくても「糖質制限」をすると痩せるという認識が増えてきていると思います。

 

糖質制限ダイエット方法とは三大栄養素である炭水化物、タンパク質、脂質のうち、炭水化物に含まれている糖質の摂取を控える方法です。

 

炭水化物は消化吸収されてエネルギーになる糖質と
、消化吸収されない食物繊維に分けられる。
一般的に私達が食品から摂取している主な糖質の殆どは少食である、米、パン、麺類などに含まれるデンプン、果物に含まれる果糖、砂糖に含まれるショ糖などである。

 

炭水化物の仕組み

 

 

人間の体は糖質の摂取を減らすとエネルギーが足りなくなり、そのかわりに脂肪を分解して補おうとするする仕組みが働く。

 

その結果、脂肪が減り体重が落ちるわけですね。

 

体に脂肪がつく仕組みに血糖値が関係していますが、三大栄養素のうち、食後の血糖値を上昇させるのは糖質だけですが、血糖値が上昇すると、それを下げるためにホルモンであるインスリンが分泌されます。

 

インスリンは余った糖を脂肪に変えて脂肪細胞に蓄える働きがあるので、糖質の摂取を控えてインスリンの分泌を抑えると太りにくくなるのです。

 

 

今までの太る原因とされていた脂質やカロリーのとりすぎだと言われていたダイエット時の知識や情報などは当てはまらないということになりますね。

 

つまり以前にあった油抜きダイエットやカロリー制限ダイエットなどを試した人などもいると思いますが、上記の血糖値の上昇に伴うインスリンが余った糖を脂肪に変えて脂肪細胞になる仕組みということになると糖質さえ制限すると、タンパク質や脂質はいくらとっても太らないという事になりますね。

 

ダイエット中でもお腹いっぱい食べる事ができて、難しいカロリー計算をしながらの食方法などの必要もなく、お酒も糖質を含まな蒸留酒ならOKということです。

 

最近は「糖質ゼロ」と記載のお酒も増えてきているので、それらであればダイエット中でも飲むことも可能ですね。

 

上記の内容テレビなどで見て、早速実行をした人も多いと思います。

 

でも結果的に実践をしてみて「痩せなかった」、「痩せて来たけどそれほど痩せなかった」、「意外と実行をしてみると糖質OFFは難しかった」などいろいろな人が意外と簡単と思った糖質制限ダイエットは実践をしてみると、結果が出にくいや成功しないという感想の人が多かったようです。

 

 

糖質制限ダイエットで痩せなかった人の原因

 

実行をすれば必ず結果の出る方法である、糖質制限ダイエットですが、ではなぜ痩せない人がいるのか?

 

それは糖質を制限しているつもりというパターンのようです。

 

炭水化物の中の糖質を制限している間の糖質制限ダイエット中に少食の米などの炭水化物を抜くと炭水化物の中の食物繊維が不足するのでやさいや海藻などで補おうとしますが、毎日一定量の野菜を摂取するのは意外と面倒であるという事。

 

その野菜の代わりに市販の野菜ジュースなどを買って毎日飲んでいるという人がいますが、市販の野菜ジュースには果物が含まれているものが多く、それらを飲んでいることが原因で糖質制限が出来ていないということになります。

 

 

PR