オリーブオイル摂取によるダイエッ効果について

オリーブオイルの摂取するダイエッ方法というものがありますが、そのオリーブオイルダイエッ方法で痩せたという口コミの人が多いようです。

 

方法はオリーブオイルを飲むだけというとても簡単なダイエット方法になります。

 

オリーブオイルダイエットとは?
オリーブオイルダイエット方法とは毎日大さじ1.5杯〜3.5杯程度摂取するダイエット方法になります。

 

他のダイエット方法に比べると毎日飲むだけなのでとても簡単で実践できる方法なので女性に人気で実践している人が多いようです。

 

特に他の引用するダイエット方法だとヨーグルトに何かを入れたり、酢と何かの食材を混ぜたり、何日か冷蔵庫などに寝かせておくなどの手順が必要になるのと比べると、オリーブオイルだけを飲用するという方法なのでとても簡単だという理由もあると思います。

 

 

オリーブオイルのカロリー
オリーブオイルダイエットを実践する上で気になるのがオリーブオイルのカロリーだと思います。
オリーブオイルの種類にもよりますが、カロリーは大さじ1杯あたり111kcalほどです。

 

私のイメージだと思いの外、カロリーが高いように感じましたは、単純にカロリーだけを考えるとダイエットにつながらないのです。
オリーブオイルの引用方法がダイエットにいいとされる理由としてそのカロリーを補っても余りあるダイエット効果があるからです。

 

オリーブオイルダイエット方法については一日おおさじ1杯、もしくは2杯という方法などあります。
闇雲に沢山とってもカロリー過剰になりますので適切な量だけの摂取にしましょう

 

 

 

 

オリーブオイルダイエットのメリット

 

なぜオリーブオイルを毎日飲むと痩せることができるのか?
オリーブオイルのダイエット効果の理由とは?

 

食べすぎを抑えてカロリーをカットしたり、中性脂肪の吸収を抑える効果があるといわれていますので、運動などをしないでも痩せることができるといわれています。

 

ですが、ほかにオリーブオイルダイエットと運動を加えることでより相乗効果が出ることは間違いないですし、食事についても調整したりするとより効果的だと思います。

 

 

オリーブオイルダイエットは簡単に気軽に実践できる。
オリーブオイルダイエットの最大のメリットは何といっても簡単に気軽にできることだと思います。

 

サプリメントでも、ドリンクなどでも毎日続けるとなると意外と面倒であったり、わすれてしまいがちになりますが、オリーブオイルダイエットはとても簡単で実践方法などにもなにも面倒なこともなく、ただ毎日飲むだけです。

 

簡単なことが毎日継続していくことで最大のメリットといえますね。

 

どんな効果的なダイエット方法であっても継続して実践できない方法ではまったく意味がありません。

 

ダイエットの最大の敵は面倒であること!!

 

ダイエットを挫折しないために効果的な方法であるオリーブオイルダイエットはとてもお勧めなダイエット方法です。

 

 

コレステロールの減少効果がオリーブオイルにはあります。

 

オリーブオイルにはオレイン酸という成分が含まれていて、このオレイン酸の効果により、血中のコレステロールを減少させることができます。

 

コレステロールは肥満の原因として大きな割合を占めているのでこれを減少させることができれば、悩みの肥満に効果的であり、ダイエット効果が高いといえるでしょうね。

 

 

オリーブオイルには中性脂肪の予防効果がある

 

オリーブオイルには中性脂肪が体につきにくくする効果もありますね。

 

中性脂肪の原因となる脂っぽい食べ物を食べるときに一緒にオリーブオイルをとるとダイエット効果、予防効果があるといえるでしょう。

 

 

オリーブオイルを選ぶときにはどのようなものを選べばいいのか?

 

個人によりオリーブオイルのにおいや味が苦手だという人もいると思いますが、食欲を抑えたいときにはピュアオリーブオイルがおすすめです。

 

エクストラヴァージンオリーブオイルより、ピュアオリーブ(精製オリーブオイルとヴァージンオイルをブレンドしたものの名称)オイルが香りも味わいも弱いため適していると思います。

 

また脂肪燃焼にはエクストラヴァージンオリーブオイルが適しているとされています。
脂肪燃焼効果を持つポリフェノールが多いため、この脂肪燃焼効果を高めたい場合にはエクストラヴァージンオリーブオイルがいいとされています。

 

 

オリーブオイルの飲みすぎは逆効果になる?

 

オリーブオイルがダイエット効果があるといっても脂ですのでカロリー自体は高いですね。
大さじ1杯で約110〜120kcalですので、ハイカロリーです。
そのため、やみくもに飲みすぎても効果が出るというわけではありませんので、あくまで摂取する量には制限と持ち、きちんと決められたルールにより飲用しましょう。

 

 

オリーブオイルをそのまま飲むのが苦手な人は?

 

オリーブオイル自体を直接飲むのが苦手な人の場合にはほかの食材と一緒に摂ったりするという方法もおすすめです。

 

ドレッシングをオリーブオイルに変える
普段使っているサラダ油をオリーブオイルに変えたり、ドレッシングとしてサラダに使用する方法。ただし、使用する量に気を付けましょう

 

 

ヨーグルトに混ぜる
ヨーグルトに混ぜて食べると香りも楽します。

 

納豆に混ぜる
私は納豆にごま油と卵の黄身なども入れて食べたりする時がありますが、オリーブオイルも入れると風味が意外と合うと思います

 

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

オリーブオイルのQ&A意外と知らないオリーブオイルのうんちく

オリーブオイルのQ&A意外と知らないオリーブオイルについて

 

スーパーに行くとオリーブオイルという名称のオイルがそれこそ10種類以上も陳列されていますが、どのオイルがどのような種類で使い方などが分けられているのか?明確に知られていないことが多いと思います。

 

サラダや炒め物などにオリーブオイルを使用していてもオリーブオイルについて明確に使い分けるようなルールがあるのか?意外と知られていないオリーブオイルについて調べてみました。

 

 

オリーブオイルは国際協定を管理する政府間機構で、主にEU諸国や中東、北アフリカなどの国々などが加盟するインターナショナルオリーブカウンシル(IOC)という機関があります。

 

オリーブオイルの定義

 

オリーブ樹(Olea europaea L.)の果実のみから採油されたもので、溶剤の使用、再エステル化等の処理を一切行わずに採油されたオイル。
他のいかなる種類のオイルも混入してはならない。
出典
http://believe-oliveoil.jp/definition/

 

バージン・オリーブオイルの定義

 

オリーブ果実から、特にオイルの変質をもたらさない温度条件下で機械的または他の物理的な方法だけで採油したオイル。
洗浄、デカンテーション、遠心分離、濾過以外の処理を行っていないもの。
出典
http://believe-oliveoil.jp/definition/

 

 

身体にうれしい、オリーブオイルの成分

 

オリーブオイルは、身体にとても良い脂肪酸で組成されています。
なかでも一番多く含まれるのは、オレイン酸です。

 

一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸は、悪玉コレステロール(LDL)を減らし、善玉コレステロール(HDL)は維持するというとても賢い働きをしてくれます。
LDLは動脈硬化の大きなリスクファクターでもあるので、これを減らすことは、動脈硬化によって引き起こされる生活習慣病予防につながります。
また、人間の体内では生成できない必須脂肪酸である多価不飽和脂肪酸のリノール酸とα-リノレン酸も適度に含まれているため、オリーブオイルは人間の身体にとって、バランスの良い理想的な脂肪酸構成だといえます。

 

●オリーブオイルの脂肪酸組成 (%)
ミリスチン酸? 0.03パルミチン酸7.50 - 20.00パルミトレイン酸0.30 - 3.50ヘプタデカン酸? 0.30ヘプタデセン酸? 0.30ステアリン酸0.50 - 5.00オレイン酸55.00 - 83.00リノール酸2.50 - 21.00リノレン酸? 1.00アラキジン酸? 0.60ガドレイン酸? 0.40ベヘン酸(eicosenoic)? 0.20*リグノセリン酸? 0.20
*Limit raised to ? 0.3 for olive pomace oils

 

出典
http://believe-oliveoil.jp/definition/

 

 

オリーブオイルは果実のオイル

 

オリーブの果実を搾っただけのバージン・オリーブオイルの中でも、最高品質であるエキストラバージン・オリーブオイルは、脂肪酸以外にも果実に含まれる多種類の微量成分がオイルに溶け込み、身体にとてもよい効果をもたらします。
代表的な成分は・・・・・・

 

●トコフェロール

 

オリーブオイルのトコフェロール含有率は150〜170mg/kgで、酸化を防ぐためだけでなく、ビタミンの摂取源としても貴重な成分となっています。

 

●フェノール類(フェノール、フェノール酸、ポリフェノール)

 

大量にあると身体に害を及ぼす活性酸素の働きを抑える抗酸化物質として作用します。オリーブオイルは、豊富に含まれるこれらフェノール酸類、フェノール類の働きにより、オイル自体が酸化されにくく、人間の身体の酸化に対しても強い抵抗性を示します。

 

●ステロール

 

オリーブオイルの特徴のひとつは、フィトステロール(植物ステロール)が含まれていることです。実際、コレステロールの腸管吸収を阻害する物質であるβ-シトステロールを大量に含んでいるのはオリーブオイルだけです。

 

●炭化水素

 

脂肪酸の合成過程の副産物と考えられており、飽和型と不飽和型の2つがあります。スクアレンが大量に合成され、また量はまちまちですが、ビタミンA作用と抗酸化作用を持つβ-カロテンが含まれています。

 

●色素

 

抗酸化物質であるカロテノイド、特にクロロフィルが代表的。代謝促進、細胞増殖、血球形成の刺激、創傷治癒の促進などに有益です。

 

●アロマ成分

 

オリーブオイルのアロマは消化によい影響を与えます。食べ物の香や風味が好ましいと、胃液中のペプシンが増え、消化を促進することがわかっています。

 

ただし、オリーブオイルは精製されると、このように身体に良い成分が、減少したり、まったく無くなったりしてしまいます。
出典
http://believe-oliveoil.jp/definition/

 

上記サイトから一部引用させていただいた文章を載せていますが、このサイト内に書かれているオリーブオイルの内容が正解であり、一般的にオリーブオイルについて説明されている内容で違う説明をしているサイトもありました。

 

以下オリーブオイルの情報は上記インターナショナルオリーブカウンシル(IOC)の公表情報、および基準です。

 

ピュアオリーブオイル=最も純度が高い、高品質であるなどの表記や高品質のオリーブオイルであるという認識

 

IOCが定める最もグレードの高い品質規格は「エキストラバージン・オリーブオイル」である。

 

 

IOCが定める高品質であるエキストラバージン・オリーブオイルを日本で購入する場合にどのような点に気を付ければいいのだろうか?

 

■色付きの遮光瓶に入っているもの
光を通す透明な瓶はオイルが酸化してしまう。

 

■ラベルに生産者が情報が記載されている
生産者情報が詳しく明記されていると高品質である可能性が高い

 

■オイルの酸度が2%未満のもの
酸度が2%未満のものはエクストラバージンオイル

 

■低温圧搾(コールドプレス)製法のもの
高温で作られたオイルは栄養成分がほとんどない

 

■オーガニック認証を受けているもの
化学肥料や農薬を極力使用していない

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク